title4.jpg

2017年03月26日

テトラまたしても本に

桜や菜の花などが咲き始め、春の気配は感じるものの
まだ寒くてがっちり厚着をしてしまう私です。
肩がこるんだよねぇ。
はやく薄手の上着で外出できるくらいの気温にな〜れ。

さてさて、今日は私の仕事ではなくてテトラの話です。

GakkenPetBooks
『かわいい猫と暮らす本 知恵袋編』 (編)学研プラス
現在発売中のこの本に
一カ所テトラの写真を使っていただきました!

学研出版サイト↓
http://hon.gakken.jp/book/2380074200

p18の「猫ってどんな動物?」というところで
テトラの全身写真が掲載されています。
結構大事なところに使っていただいて本当に感謝です!

tet20170326-1.jpg

ブログをみて下さっている編集さんから
テトラちゃんの写真掲載しませんか?とお誘いを受けまして
この写真を使ってもらえる事に。
親バカなので本を開いてきゃ〜〜〜っ!と嬉しい悲鳴をあげてしまいましたるんるん

写真うつりだけは良いテトラです。
写真にはテトラが破壊神である事やカミ猫である事は写らないのです。

先日、観葉植物を買いました。
葉の形の良いものを選び、部屋に合わせて鉢も気に入ったものに植え替えてもらい
ルンルン気分で棚に飾りました。
翌日、植物を明るいところに置いてあげようとしたら異変に気がつきました。
なんとまぁ。
誰かさんの歯形がいっぱいで葉っぱがズタズタに。。。たらーっ(汗)
もう怒る気もないです。猫なんてそんなもんなんだと。
ウチに観葉植物なんて置いちゃだめなんだと。
私がバカだったのだと。。。。

夫が買ったスーツケースのダンボール箱の上部に
キレイな四角い穴が開いていて
まさに猫様お入り下さいな感じの穴で
テトラがお気に入りです。
箱が邪魔なのでそろそろ捨てたいんだけど
なかなかそうさせてくれません。

tet20170326-2.jpg
箱に潜り込むテトラ。

tet20170326-3.jpg
ご満悦テトラ。

猫ってほんとに…なんて可愛いんだこんにゃろ〜。

可愛くて猫ブームですが、
やっぱり飼う前には『かわいい猫と暮らす本』などを読んで猫について勉強してからが良いですよね。
カラーで写真も多く、文字もとても読みやすい本です。
今猫を飼っている私も読んでなるほど〜っというところが多いです。
テトラも実家の15歳のviviさんも元気で長生きして欲しいです。
posted by いのうえたかこ at 20:21| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

見開きイラスト描かせていただきました!

現在発売中の、
トレース式女の子キャラ練習帳[基本デッサン] 大泉書店
大泉書店様サイト↓
http://www.oizumishoten.co.jp/books/05335.html

この本の巻頭に見開きイラストを描かせて頂きました!

mihiraki20170318.jpg

書籍関係のお仕事でこんなに大きく、
しかも見開きでオリジナルのイラストを掲載していただくのはなかなか無い事なのですごく嬉しかったです!
右側にはインタビュー的なQ&Aみたいなのも載っています。
なんだか恥ずかしぃ〜っ。
いいんすか自分なんかで??っと恐縮です。

上のだと写真が下手でちょっと暗い&本のノド部分が見づらいので
もとのイラスト画像は「イラストギャラリー」の「お仕事イラスト」に入れておきますね↓
http://stardustdrops.blog.fc2.com/img/20170318ha1pCVqu

テーマは女の子の描き方の本ということで、
可愛い女の子が描かれていれば何でもOKです!というなんとも嬉しい自由度の高い依頼でした。
そしてワクワクしながら何を描こうかな〜っとなると
意外とテーマに悩んでしまうものです。

女の子…。
カードゲーム風なキラキラした女神とか天使にする?
いや、読者層を考えるとやはりキャラクターは身近な女子高生がいいかな。

うあ〜どうしよう、構図に悩む。。。
気合いが入り過ぎて久々に悩み、
とりあえずカメラを持って近所の橋や公園を散策しました。
写真をたくさん撮っても今ひとつ何を描こうか決まらず悩む。悩む。
で、あきらめて一旦帰ろうかと思ったときに
あちこちでガンゴン音をたてている工事現場をみて
「あ、コレに決めた!」となりました。

結局ラフは女神っぽい女の子が2人描かれているのと、
この女子高生ので2パターン作り、
編集さんも私もこっちで!となりました。

やる気が空回りして、ぐるんぐるん悩むときもありますが
完成すれば楽しかった〜!という気持ちしかないので
やっぱり私はお絵描きが大好きなんだと思います。

この本のシリーズは男の子キャラもあり、
(私は今回の見開きのみの参加ですが)
シリーズ累計30万部と大好評だそうです。
中の描き方のイラストもとても可愛い&かっこいいで解りやすく
私もとても勉強になります。
オススメです!

posted by いのうえたかこ at 13:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イラストのお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

過ぎちゃった猫の日

猫の日にテトラ写真をアップするつもりが
もう3月じゃないか〜。
花粉の季節到来ですよ。
ジョギングすると鼻と目がくしゅくしゅに。辛い。。。
でも公園に梅の花が咲いてたりして春っぽくなってきました。

↓ウチにも咲いたよ梅の花。ぱかっ。
2.jpg

1.jpg
テトラ自撮り風。

椅子で遊ぶテトラ。
3.jpg

年末年始は美味しいものを食べるイベントが多くて
しかも寒くてジョギングをさぼりがちになってました。
そして体型もまたダメなもっちりに戻りつつあり。
1月末の誕生日に欲しかったジョギング用のシューズを夫が買ってくれまして
それプラス靴下までプレゼントしてくれました。
それがこちら。

4.jpg
猫ひろしさんプロデュースのランニャーソックス!!

おおっ!と思いましたよ。
ほどよい締めつけ感で厚みもあってこれはいい!!
詳しい事はわかりませんが、走りやすさを計算された作りなんだそうです。
しかも猫魂の刺繍入り。

両くるぶしに猫魂を刻んでまた走りはじめています!

先日東京マラソンがありましたが、
42.195キロなんて歩くだけでも大変だな〜と思います。
10キロコースも私にはまだ無理かなー。
5キロ超えると膝がふわふわ変な感じになってきて
もう少しすると痛くなりそうで、なかなかその壁が超えられないでいます。
怪我して休むともう走るのが嫌になっちゃいそうで。
自分の性格がよくわかっているので牛歩でマイペースに練習しています。

そして最後にテトラ写真をもう一枚。

なんだろう、すごく疲れていたんだろうか。
5.jpg

顔面をソファにつっぷしてごめん寝。
ブログの更新がおそくなってごめん寝。
posted by いのうえたかこ at 12:13| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

ミラクル★イラストレッスン(新装版)

miracleillust1.jpg

汐文社さまより発売中の
ミラクル★イラストレッスン【新装版】
(1200円+税)
カバーの女の子のイラストを描かせていただきました!

可愛いイラストの描き方のレッスン本です。
動物や小物などのプチイラストから人物の描き方、
デコ文字も紹介されています。

2013年に発売されたものの新装版で
内面のカットは私は担当しておりませんが
カバー裏面にも、表の2人をちびキャラにして描かせてもらいました。

miracleillust2.jpg

先日、完成した本の受け取りを兼ねてご挨拶に汐文社さんへお邪魔しました。
会社の目の前には東京大神宮。
見ると参拝客も多く、落ち着いた空間にひかれ私もお参りに。
若い女性が多いな〜と思ったら縁結びで有名だったんですね。なるほど。

天気のよい暖かい日で、梅の花が咲いていたりして
ちょっとずつ春が近づいているんだなぁ〜。嬉しいなぁ〜と
ほんわかとした気持ちになりました。
posted by いのうえたかこ at 09:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イラストのお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

たい焼きの話

I love たい焼き。

たい焼きが好きです。
子供の頃から。

幼稚園の頃まで住んでいた家の近くにたい焼き屋さんがありました。
そこは一匹一匹の型をガラガラと回して焼くいわゆる「天然モノ」でした。
その職人技を見てるだけでワクワクしました。
焼きたてをまとめて持ち帰る時は紙にしっかり包んでから袋にいれてくれるので
母が買ってきてくれると家中が香ばしい皮と包み紙のしっとりした
おいしい香りでいっぱいになるのでした。

この間帰省した時にそのお店が閉店したと聞きました。
店主ももうご高齢。
しかたないのではありますがとても残念です。。

それで、思い出して購入した本がこちら。

taiyaki1.jpg
東京のたい焼き ほぼ百匹手帖

前にTVで著者のイワイサトシさんがたい焼き屋をめぐっているのが紹介されていて
そのたい焼きに対しての愛と真摯な姿勢が数分間でとても伝わってきました。

TVでのご本人も素敵な感じでしたが
この本のデザインもシンプルで美しく素晴らしいのです!
写真のたい焼きたちはみごとな芸術品のようですし
文章の文字は小さく、限られた文字数にはおさまりきれないほどの想いを感じます。
たい焼き好きとしては眺めるだけでも楽しい一冊です。

テーブルに本を置いておいたら夫がいつの間にか数カ所に付箋を貼っていました。
ふふふ。いいぞー。

著者の方はたい焼きに順位をつけることはしていませんし
もちろん人により好みはあると思います。
それで私はどんなのが好きかな〜と考えて書き出してみました。
それがこちら。
taiyaki2.jpg
皮が薄いのが好きです。

昔、お土産として麻布十番の名店「浪花家総本店」さんのを頂いた事があり
すごく美味しかったな〜と思い出しました。
今度は自分の足で買いにいってみようっと。

最近お気に入りのたい焼き屋さんがあります。
一匹焼きのお店です。
たまに足を運んでみるとお店がしまっている事も。
買えない残念さもありますが、もしかして店主のおじさん具合が…?と心配になります。
でもこの前の休日は買う事ができました。ほっ。

本にも書いてありました。
たい焼きはいつまでも食べれるとは限らないのです。
昔からのお店はだんだん減ってしまっています。
ここにも地味に応援している人間がおります。
大変だとは思いますが身体に気をつけてこれからも
ずっと美味しいたい焼きを焼いていてもらえたらと願ってます。
posted by いのうえたかこ at 15:29| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする