title4.jpg

2016年09月29日

ツーリズムEXPOジャパン2016

24日にビックサイトへ行ってきました。
海外と国内の旅行イベントです。

各ブースをめぐってクイズやスタンプラリーをしたり
全国ご当地どんぶりを食べ比べたり
ステージのイベントを見たりして楽しみました。

各地のゆるキャラもたくさんきているので
出会ったキャラ全部写真におさめようと思ったのですが
あまりにいっぱいいて途中でめんどくさくなりやめました。笑

中でも個人的に可愛かったキャラをご紹介〜。

tabi-2.jpg
●みきゃん
流石です。ポージングが素晴らしく愛らしいですね。

tabi-3.jpg
●お名前がわからないゆるキャラ
かわいい!
ここの福引きで私はキノコのえのきが当りました。

tabi-4.jpg
●猫ピッチャー
はわわ!!ミー太郎!!
思ったより頭身が高いのね。そして表情はとても凛々しくてステキでした。

tabi-5.jpg
●ピカリャ〜
イリオモテヤマネコ。お腹の模様がナイスです。

tabi-6.jpg
●いろいろ集合!

tabi-7.jpg
●いっぱい撮ったからもうまとめて載せちゃう!


どこのブースだったか忘れちゃいましたが
本物のフクロウがきていました。
その可愛さに吸い寄せられるように近づくと、スタッフさんが
「写真どうですか?」と声をかけて下さったんです!

肩か腕か頭にフクロウをのせてくれるそうで、
頭上もいいなぁ〜と思いながら、その日はまとめ髪だったので肩にのせてもらいました。

tabi-1.jpg

肩を選んでよかったな〜と思ったのは
頬にあたる羽がふわっふわで超〜やわらかかった事です。
時々わたしの髪をつついていたようですかわいい

背中の方の羽は近くで見たら細かくきれいな模様が入っていて
私は家に帰ってからもあの羽の美しさともふもふさが忘れられないのでした。


posted by いのうえたかこ at 12:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

ケティ物語

新星出版社さまから発売中の
トキメキ夢文庫「あしがなおじさん 」
この本に収録されている
『ケティ物語』(S・クーリッジ作)
のマンガイラストと挿絵を描かせていただきました。

扉イラスト
ketty1.jpg

登場人物紹介と名場面集ページ
ketty3.jpg

カラー・マンガページ
ketty2.jpg

私は今回イラストを描くにあたり
はじめてこのケティのお話を読んだのですが
とても面白いです。

主な登場人物は
にぎやかな6人きょうだいの長女ケティ。
厳しくも正しいイジーおばさま。
病気だけれど明るくステキないとこのヘレン姉さま。

ケティの成長していく様子が描かれたストーリーです。

すべての漢字にふりがながふってあるので
とても読みやすくなっていますぴかぴか(新しい)

posted by いのうえたかこ at 14:56| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | イラストのお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

イラストの描き方動画のお仕事

5月頃にもブログにかきましたが、
現在も引き続き JCCD Studio さんとイラストの描き方を動画で紹介するお仕事をしています。
※動画は中国でのみ配信となっています。

中国にもアニメ、イラストを描きたいと思っている方達は多いそうで、これまでに
◯顔や身体の描き方
◯チビキャラの描き方
◯美少女キャラの描き方
◯背景つきイラストの描き方
などを順次UPしております。

今回描いたイラストがこちら↓

aqua7.jpg

水の魔導士です。

このイラストを描いていくすべての過程を動画で紹介しています。
日本語の音声つきです。(中国語で字幕がつきます)

本当はここ(ブログ)で動画の一部でも載せればわかりやすいと思うのですが
私がまだ動画編集の知識が浅いために
動画の一部を切り取って倍速にして〜という編集のやり方がわからないのであります。

というわけでイラスト画像のみですが
このイラストが出来ていく過程をご紹介します。

◯その1・ラフを描く

aqua1.jpg

普段はA4のコピー用紙にシャーペンでラフを描きますが
ここでは直接PCで描いて進めています。
この時点でイラストの仕上がりのイメージが
自分の中でしっかり出来ていると
良い絵になる事が多いです。


◯その2・ペン入れ

aqua2.jpg

丁寧に線を描いていきます。
この時、線がとぎれていたりすると後で色を塗る時
色がもれてドバーっと背景まで一色で染まっちゃったりします。
あくまで丁寧にね☆

◯その3・着色、全体に色を置く

aqua3.jpg

肌や髪、衣装など全体に色を入れていきます。
まだ細部は塗っていません。
全体のバランスを見て面積の広いところから塗っていくのが良いと思います。

◯その4・着色、細部にも色を入れる

aqua4.jpg

金属部分の影や小さなアクセサリーなど細かい部分を塗ります。
瞳の色を入れるとぐっと絵に力が入り、完成感がでるので
私はいつも最後のほうで瞳を塗ります。

◯その5・杖の先端の水を描く

aqua5.jpg

まわりに飛ぶ水しぶき。これは結構描いていて楽しかったです。
動画内では水の球のテクスチャの作り方も説明しました。

◯その6・背景を描く

aqua6.jpg

背景が入り、完成です。

このラフから完成までの制作時間(動画の合計時間)は計5時間くらいでした。

なんだか5時間というと「えっ、そんな簡単に描けるの?」と思われそうですが
実際は5時間ぶっ続けで描けるわけではなく、
何日かに分けて描いています。
たまに失敗してとりなおす事もありますし。

画面を録画しながら描くので、手を止めて悩んだりモタモタできないのです。
手が止まって画面が動かない時間って、視聴者さんからしたら退屈だと思うんですよね。
なので先の手順やら完成の色合いを考えておいてから
録画・作画に挑むのであります。
だから録画時はめっちゃ緊張するんです〜あせあせ(飛び散る汗)

最初の頃は本当に緊張して描いていましたが
数をこなせばだんだん慣れてきて(図太くなってきて?)
現在も新作を制作中です。


posted by いのうえたかこ at 17:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イラストのお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする